top of page
  • fujico

NLPセミナー1日目、2日目終了しました

更新日:7月1日


NLPセミナー2日目終了しました

NLPマスターコースが始まりました。前回のプラクティショナーコースは平日参加で、1回目から2回目まで2週間程度のインターバルがあったのですが、今回は仕事の関係で土日コースを受講しました。土日コースは2日連続の受講となります。8時間のセミナーが2日間続くと体力と気力を使ったようで、2日目終了後には12時間爆睡してしまいました。ZOOMでの参加なので、移動時間がないことはとても助かりますが、それを差し引いてもかなりの労力だと感じました。ただ心地よい疲れで、爆睡後はとてもスッキリしました。次回に備えて体力とマインドを整えていきたいと思います。

「平日コース」と「土日コース」の違いなのか、「プラクティショナーコース」と「マスターコース」との違いなのか、前回は女性が多く、年齢的にも落ち着いた方々が多かったのですが、(今でもラインでつながり、近況を報告しあっています)今回は若い男性の方が多く、なぜか全員、白いTシャツを着ていました。あまりにも気になったので、ZOOMのブレイクアウトルームでペアになった方に尋ねてみると、「まずは、真っ白な気持ちの状態で参加したかった、同じ白のTシャツが気に入ったので、数枚持っている」と教えてくれました。スティーブ・ジョブスみたいだなぁと勝手に思ってしまいました。他の方にも聞いてみたいと思いました。皆さんそれぞれに何か意図があるのかもしれません。

講師の先生曰く「プラクティショナーコース」は「幼稚園」「マスターコース」は「大学」だとか、いきなり大学!!とちょっと身構えてしまいました。初日から「ついていけるだろうか…」と不安にもなりましたが、いざ始まってしまうと、とにかく楽しく、8時間があっという間でした。また一緒に学ぶ方々の学びに対する貪欲さや自分を解放する姿を目の当たりにして、何か他のセミナーと違った雰囲気を感じました。

私のNLPへの参加目的は、NLPの技法をキャリアコンサルティングに役立てたいと思ったからです。前回の「プラクティショナーコース」での学びもとても有意義で対人支援をしているキャリアコンサルタントとしてはすぐに使える技法が沢山ありました。キャリアコンサルティングの考え方とNLPの考え方にはとても似ているところがありその融合とすみわけが今後の課題になってくると思っています。マスターコースは人に伝えることが出来るところまで目指せるので、それもまたやりがいがあり終了が楽しみです。

NLPとは直接には関係しないのですが、講師の先生の立ち居振る舞いはとても勉強になります。(自分のこととして話すこところや例を挙げて話すところ、身振り手振り等)先生をモデリングして、先日「リフレーミングを活かしたキャリアコンサルティングの実践」の講習を行いました。リフレーミングは認知行動療法の中で使われる「物事の見方を変える」「物事の捉え方を変える」という手法ですが、これもNLPの考え方と重なるところがありとても面白いです。やってみると、いつもより受講生の気持ちにより添えたり、反応がとてもよく手ごたえを感じました。「私、少しは成長したかも…」と思ってしまいました。2日間受講しただけでこんなに成長を感じられるのなら、3日目、4日目を受講するとどんな風になるのか、恐ろしくもあり楽しみでもあります。宿題もあるので、忘れずに取り組みたいと思います。この宿題も私にはとても楽しみで、他の受講生がどんなものを提出されるのかワクワクしています。自分と違う考え方に触れると、「そんな考え方もあるのか」と得した気持ちになります。「人生楽しんだもの勝ち」がモットーなので、楽しい所に触覚が向いてしまうのかもしれません。3日目、4日目の為に体力をつけて望みたいと思います。

今日はとても気持ちの良いお天気なので、体力をつけがてらこれから「楽しい」を見つけにウォーキングに出かけたいと思います。

 

人生を賢く生きるためのNLP NOTE - NLP学び方ガイド(NLPとは)|NLP NOTE


閲覧数:7回0件のコメント

Commentaires


bottom of page